チャットレディ

チャットレディってお仕事に経費が掛かるの?

チャットレディは立派なお仕事なので、経費の概念がある

チャットレディのお仕事ですがチャットレディのお仕事は、無料で登録できるので実は経費なんてないんじゃあないの?と感じる方が多いのですが、実は、このお仕事には経費の概念があり場合によっては確定申告が必要になりますので、経費はどの部分になるかをきちんと把握することがとても重要です。

特に副業で年間48万円の収入を得た場合、申告が必要になり、チャットレディで得た報酬から経費を差し引きして自分の純利益を計算する必要性があり、純利益が年間48万円を超えた場合、税金の控除が受けれなくなりますのでれっきとしてチャットレディの仕事をアルバイト感覚で行えば自分から確定申告を必要となる稼ぎを得ますので経費という概念は存在しています。

チャットレディの経費にはお化粧台が実は計上が可能

チャットレディのお仕事はビデオ通信似て第3者とお話をする場合、実は自分のお化粧台も商売道具という形で経費に計上が可能です。

経費という言葉の概念ですが、これは商売をするうえで絶対に必要な資金のことでチャットレディの場合お化粧台がその経費に当たり、絶対に必要なお金だということで本来の収入から差し引きして確定申告時に計上することが可能です。

この経費という部分で年間の収入を調整すれば、確定申告を行う必要はないということになるので、お化粧を購入した際のレシートを集めておいて経費に計上して確定申告時に差し引きをするとよいでしょう。ただし、気を付けてほしいのは、ビデオ通信ではないチャットレディ、メールのみでやり取りをするタイプは、残念ですが、お化粧台は経費になりません。

\チャットレディならココがおすすめ!/

スキマ時間にチャットレディとして稼いでみたいあなたに安心安全に使えるオススメの場所をランキング形式でご紹介!

大手かつ運営歴も長い、そして一番大事な収入面もしっかりしているところなのでご安心ください。せっかくやるなら高時給で稼ぎたいというあなたを応援します!


1位FANZA(DMM)ライブチャット

・男性会員がとにかく多くノンアダルトも導入され充実しています。業界内でも高単価でDMMという大きな会社が運営していることもあり信頼性も抜群。


2位チャットレディJP

・全国各地にチャットルーム展開する大手事務所です。自宅では出来ない理由のある人に大人気


3位ジェムプリ

・スマホで簡単、副業としても人気の高いアプリです。気軽にできるけど1時間3000円を超える報酬も可能!


4位ポケットワーク

・チャットレディサイトと提携している事務所です。スタッフからのサポートを受けられたりなど様々なメリットあり。

※チャットレディで稼いでいくなら掛け持ちをオススメします!

チャットレディのお仕事で使用する通信費は経費である

チャットレディで使用した分の通信費は実は経費という形で計上が可能です。ただ、通信費というものを経費で落とす場合、どこからどこまでがプライベート使用した通信費であるか、経費であるかが分からないというケースがありますので、この場合、経費で落ちやすいプランで通信会社と契約するのが望ましいです。

たとえば、スマートフォンのパケ放題のようなものも通信費という形で経費にすることが可能なんですが固定通信制の通信費用の場合、ネットに接続した分だけの料金を徴収するというものになるため、このタイプは、通信費の経費計上がものすごくシビアになりプライベートに使用しているであろうとされる通信費については経費にならないこともあり却下されてしまうこともあり得ます。

チャットレディで使用するパソコンは、10万未満であれば一括で経費になる

チャットレディで使用する可能性がある、パソコンを経費に計上する問題ですが、パソコンを経費にする場合一括で経費にする場合は10万円までが一括の経費になりそれ以上ですと分割で経費にするしかありません。

というのもパソコンは消耗品費用という形で経費になるんですが、10万を超えた場合、経費にならないので分割で消耗品経費という形を取り4年間で10万円ずつ経費に計上して40万円のパソコンを経費にするという方法を取る必要があります。

この方法40万で購入したパソコンを売却した場合、経費から外れ、収入になるので注意が必要になります。なぜならパソコンを売却した場合売却時に収入を得ることになるがゆえこれは収入になり、所得に計上します。

チャットレディのお仕事で在宅ではなく、店舗に勤める場合、経費が落ちる

チャットレディのお仕事は、何も自宅で行うお仕事ばかりではなく、店舗に勤めてお仕事をするケースもあります。この場合交通費というものが経費で落ちるんですが、問題は、店舗に勤める場合、会社に勤めているのと同じになる場合もあるので、確定申告自体がそもそも必要ない場合があり、経費という概念が無い場合が多いです。

なので、交通費を支給してくれるチャットレディのお仕事を提供している事業者は経費については会社側が払うので従業員である人物は経費について考える必要はなくむしろ確定申告についても会社側が行ってくれますので心配する必要性はありません。

ちなみに在宅でも会社に勤めているという契約にあるチャットレディの事業者の場合、自ら確定申告をする必要性はありません。

チャットレディの経費は、サービスの提供者が来ようという形であれば考えないでよい

チャットレディのお仕事で発生する経費というものを考える必要性があるのはあくまで、自営業のような形で契約をしている場合のみになり、チャットレディのお仕事を提供している会社の社員という形で雇用されている場合、会社側がすべてを行い保険の加入なども行いますので経費及び確定申告については考えないでよいです。

ただ、問題は、そうした社員と言える人物をきちんと囲い込み、保険に加入をさせたり、様々な費用を会社側が払うかどうかです。

なので多くのチャットレディの事業者は、在宅でお仕事をしない人物で店舗に出てきてお仕事をする人物に対して恩恵を与え経費という形で様々な優待を行い従業員を囲い込むので在宅の人はあくまで通信費などは自分持ちになります。

-チャットレディ